精鋭部隊は待機武将一覧の組み分けから、確認・解除することができます。 表示設定は「設定一」から「設定十」まで保存が出来ます。設定内容に応じて、武将一覧の表示を変更することができます。, 武将カードには、それぞれ「コスト」が設定されています。 HP、および討伐ゲージが減少している場合、全回復までの時間が表示されます。, 部隊が不要になったり、新たな拠点に配置したりしたい場合は、部隊を解散できます。 兵数が待機兵数を超えないように注意しましょう。  ※便利機能「デッキコスト上限15増加」をご購入されましても、 部隊の許容コストは決まっており(初期値は35)、それを超えると、部隊に空きがあっても、セットできなくなります。, 部隊にセットされている武将は、戦闘や秘境探索などで負傷することがあります。  ※ワールド11およびワールド12では、「戦国 若武者包み」をご購入いただくことで、 ・討伐ゲージが 100以下 の場合… 「1分48秒毎に1回復」 ・討伐ゲージが 101以上 の場合… 「2分42秒毎に1回復」 ※hpと違ってランクなどの影響もなく、どの武将でも一律。 また、デッキから外している場合は討伐ゲージは最大300までですが、 Hp回復時間短縮ぐらいしか魅力ないんですよね 他の方はどうなんでしょうか? 位階発動で.   (「戦国 若武者包み」による編成コストアップについては、次章以降に関しては未定となります) (デッキ外の武将は、待機中の武将の2倍の速さでHPが回復します) 部隊は6部隊まで編成することができ、各部隊、最大4人まで武将カードをセットすることが可能です。 出陣時には、名声が「4」必要です。   本丸防御陣形の編成コストは上昇しませんのでご注意ください。 33+34鯖で遊んでます( ´∀` )かわいい武将とイケメンな武将が好きで誰が強いとかそういうのあんまりわからないような子がブログやろうとしています。よくあるかっこいいixaブログではないです。ゆるーーーいまったりブログです 「外す」をクリックすると、選択した武将カードが部隊から外れます。 正直デッキコストアップと. 『戦国IXA rmt 公式ガイドブック 指南之書』にHP回復の正確な数字が乗っていたので、転載します。HPが100回復するのに必要な時間(分)です。 Lv0 30分 - - Lv1 32分 Lv11 66分 Lv2 34分 Lv12 72分 Lv3 36分 Lv13 78分 Lv4 38分 Lv14 84分 Lv5 40分 Lv15 90分 Lv6 44分 Lv16 96分 また、レベルの低い武将ほど、HPの回復は早まります。   本丸防御陣形の編成コストが「10」増加しますが(60日間)、 注:「同じカードNoの武将」や「同じ名前の武将」は、同時に部隊にセットすることができません。(一部例外カードも存在します。), 部隊編成を行った際、配置した武将の組み合わせによって部隊スキルが発動する場合があります。, 部隊に所属している武将のランク合計値によって、スキル発動率にボーナス効果が付与されます。スキル発動率のボーナスは武将スキルにのみ影響します。 hpがゼロになると、部隊から強制的に外され、100に回復するまでセットできなくなります。 hpは、武将が部隊から外れていたり、待機状態だったりすると、時間とともに回復します。 (デッキ外の武将は、待機中の武将の2倍の速さでhpが回復します) 各精鋭部隊は、全部隊、攻撃部隊、防御部隊、加勢部隊、強襲部隊で分類を行うことが出来ます。, ・本丸防御陣形には、計20名までの武将を配置することができます。 強襲専用部隊と敵襲部隊の戦闘は、お互いの攻撃力によって勝敗が決します。 各項目の成長しやすさは、武将によって異なり、「成長」の項目で確認できます。, 現在、自分が所有している部隊の状況や、自分の拠点への加勢部隊の状況を確認できます。 HPがゼロになると、部隊から強制的に外され、100に回復するまでセットできなくなります。 毎日戦くじ1枚+天下の片鱗1枚. 加勢のため派遣している部隊の帰還も、この画面から行います。, ・部隊の解散などにより、待機兵数が所持可能兵数の上限を超えてしまった場合も部隊の編成が可能です。, お気に入りの部隊を「精鋭部隊」として登録することができます。 待機兵数は「足軽(25)」のように、「兵種」のプルダウンメニューに表示されています。, また、兵種が0になった場合でも、直近の兵種情報が保存されるようになり、「指揮0」の状態から、クリックで兵士数を0⇒1⇒最大数と変更することができます。, 兵士をセットした武将を部隊にセットします。 部隊から外れた武将カードは、HPが5減少して、デッキ外に移動します。, 未使用ステータスポイントを、「攻撃力」「防御力」「兵法」に割り振って、武将を成長させましょう。  武将スキルの効果等を計算します。 各部隊で最初にセットした武将カードが「部隊長」、それ以外が「小隊長」となります。, 編成したい部隊を選択し、配置したい「拠点」を選びます。選択できる拠点は、「本領」「所領」「出城」「陣」「砦」のいずれかになります。, デッキ外の武将に兵士をセットします。「兵編成」をクリックすると、武将に兵士をセットする画面に行きます。, セットする「兵種」をプルダウンメニューから選択し、兵数を半角で入力します。 くらい魅力ないとダメかもしれませんねww 刷新までは4-8以外は予定通り無課金でいこうと思います 部隊長のHPがゼロになると、部隊は解散してしまうので、状況を見て交代することで、部隊を維持することができます。 精鋭部隊に登録した部隊は、武将選択を省略して編成することが可能となります。 ・本丸防御陣形に配置された部隊/武将は、出陣を行うことができません。, 通常の部隊編成で使用する6部隊とは別に、「加勢」限定で使用できる部隊となります。加勢専用部隊のコストはデッキコストに含まれません。, 加勢専用部隊は、一部の拠点限定で加勢を行うことができます。また、通常部隊での加勢とは異なり、同盟外の城主に対しても加勢を行うことができます。, 同盟員以外からの加勢を「許可する」「許可しない」を選ぶことができます。 強襲による攻撃は、敵襲到着10秒前までしか行えません。 「変更」を押すと完了です。 精鋭部隊は最大30部隊まで登録することが可能です。, 精鋭部隊の武将HPが100でない場合や、既に部隊にセットされている場合は選択することが出来ません。 同時に1部隊のみ扱うことができ、攻撃時、兵士攻撃力が1.25倍となります。 HPは、武将が部隊から外れていたり、待機状態だったりすると、時間とともに回復します。 また、すでに送られてきている加勢部隊については、出陣状況画面の「加勢」欄から加勢を断ることができます。, 通常の部隊編成で使用する6部隊とは別に、「強襲」限定で使用できる部隊となります。 ・本丸防御陣形では、横一列を一部隊、最も左に配置された武将を部隊長として扱い、 強襲専用部隊のコストはデッキコストに含まれません。 武将カードを各部隊のデッキにセットすることで、部隊を編成し、出陣させることができます。 戦闘において、強襲専用部隊の兵士が全滅した場合、報告書内の敵襲部隊側の被害兵数は【?】表示となり、敵襲側発動スキルは非表示となります。. セット可能な武将には、「選択中の部隊へ」ボタンが表示されます。 なお、『HPは徐々に回復する』ので、 同着で負傷させるならHPを105は削りたい。 2往復なら、HP120を削るつもりで! (左から、報告書からの残りhp、相手のhp、削ったhp値、戦力差) © 2010-2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 解散した部隊の武将カードは、HPが5減少して、デッキ外に移動します。, 「交代」をクリックすると、小隊長と部隊長を交代することができます。 また、強襲攻撃を受けた部隊は、目標となる拠点への到着時間が15秒遅延します。, 強襲専用部隊は、自拠点への敵襲部隊に対して、直接部隊を向かわせることができます。   章のあいだに一城主1回までしか購入できません。 ※武将はHPが100に回復していないと、部隊にセットできません。, 以上の手順で、部隊には4人まで武将をセットできます。 hp回復速度はlvが上がると遅くなります。 ステータスを振らなくても変わりません。 デッキ上での回復速度はデッキ外の2倍の時間が掛かかります。 無駄にランクアップさせると あまり使用できないという事になりますので、 ※部隊スキル発動率には影響はありません。, 武将カードを「第一組」~「第四組」まで設定することによって、組分けすることが可能になります。, この機能を利用することによって、部隊編成や合戦をより効率的に進めることが出来ます。, 武将一覧の表示を任意に設定し、表示を切り替えることが出来ます。「設定変更」から表示したい項目を選択し、「設定保存」を行うことで、表示設定を保存することが出来ます。 ・本丸防御陣形の編成コスト上限は「50」です。 ・本丸防御陣形の前列2部隊は、武将スキル計算後の防御力が「1.5倍」になります。 合計12コストまでの武将を登録することができます。