eb-iの週次調査で取得した「ファンかどうか」の回答データを、モニターパネルで把握している「基本属性」「行動・経験」「意向・心理」の項目とクロス集計し、各球団のファンの特徴を明かにする., (調査はアンケート形式で、回答者にファンであるかどうかを答えてもらった.したがって以下の結果は回答者本人のファンであるかそうでないかという主観に基づいていることに注意が必要.), 「プロ野球特定の球団のファンである」と回答した人は、5,192人で回答者全体(14,322人)の約36%, 女性の比率が一番高いのは日本ハムファイターズ(35.4% = 319人/900人), すべての球団で、全体の比率4%より高い.スポーツ観戦を現地で行う指向が全国の平均よりは高いと言える(球団・地域で差はあるが), スポーツ観戦をスタジアムなど現地で観戦するなど、外出する生活スタイルがあることに加え、カラオケに知人・友人と行くというリア充傾向もある, (「応援したい芸能人やスポーツチームがある」の質問に対して「非常にあてはまる」と回答した人を集計), ファンとなるためにはそれなりにコミュニティ形成スキルが必要(いっしょに観戦に行く知人・友人がいること), あなたはどのプロ野球チームのファンですか。あてはまるものをすべてお選びください。(2016年11月14日実査). ファンカーゴの中古車を一覧で見る。カタログから最新のトヨタ情報もチェック!中古車・中古車情報のことなら【グーネット中古車(Goo-net)】! 本拠地:MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(広島県広島市南区), 2016年から2018年まで3年連続でリーグ優勝を成し遂げた、今最もセ・リーグで強いチームです。 Category: 未分類 1: 風吹けば名無し 2013/11/28 23:04:59 ID:nlv3NaUs. 【バッティング / ピッチング / 守備 / 走塁】のノウハウを見やすいようにまとめました! 15畳 12畳 10畳. 投手・野手ともに成績が良くないシーズンが続いており、今後いかにチームを立て直していくかが注目されています。, 2019年より埼玉西武ライオンズからFAにて加入。2018年に打点王を獲得したそのバットに期待が寄せられる。, 最速152km/hのストレートと特に縦に大きく割れるスライダーが武器。小柄ながら躍動感のあるフォームでバッターを抑えていく。, 2018年は最優秀防御率のタイトルを獲得する活躍を見せた頼れる右腕。今後も投手陣を支える活躍が期待される。, 以上が日本のプロ野球の簡単な仕組みと、全12球団の特徴や人気選手などの紹介でした。 と厳しい成績が続いています。 引用元: ・ 12球団ファンの特徴一覧. 今回eb-iでは、プロ野球ファンに関する独自サーベイを行った. 一方で投手力に課題があり、敵チームに打ち込まれることが多かったですが、2018年は中継ぎの近藤一樹投手、抑えの石山泰稚投手など、勝ちパターンを確立させることができました。 近年のオリックスバファローズは投手陣・打撃陣共に奮わず順位が伸びないという状況でしたが、 コロナ史上no.1フラグシップモデル. しかし、補強に頼りすぎるあまり、若手選手が育ちにくい(活躍の場が与えられない)という悪循環に陥っています。 一方で攻撃力は課題で、チームの打率は、セ・リーグで2016年:5位・2017年:3位・2018年:最下位 特に2017年は球団史上ワーストとなるシーズン87敗という記録を打ち立ててしまいました。 Copyright © 2020 denpa-news All Rights Reserved. 投手陣の能力を示すチーム防御率は、セ・リーグで2016年:2位・2017年:1位・2018年:2位 主力の高齢化と若手育成の苦戦というチーム事情を背景に、補強という形で、多くの選手をチームに招き入れてきました。 15畳 12畳 10畳. リンク先の記事をブックマークしておくと、困ったときに便利ですよ。, 【最新版】広島東洋カープまとめ。初心者向け!注目選手・戦績など、チームの特徴が3分でわかる!, 【最新版】福岡ソフトバンクホークスまとめ。注目選手や戦績など、チームの特徴が3分でわかる!, 【最新版】埼玉西武ライオンズまとめ。初心者向け!注目選手・戦績など、チームの特徴が3分でわかる!, 【最新版】阪神タイガースまとめ。初心者向け!注目選手・戦績など、チームの特徴が3分でわかる!, 【最新版】中日ドラゴンズまとめ。初心者向け!注目選手・戦績など、チームの特徴が3分でわかる!, 【最新版】オリックスバファローズまとめ。注目選手や戦績など、チームの特徴が3分でわかる!. 2019年からは主力だった丸選手がFAで読売ジャイアンツに移籍となってしまいました。2019年以降、その穴をどう埋めていくのかが注目されます。, 50m5秒8の俊足と、高校時代は投手を務めた強肩・広角に長打が打てる卓越した打撃技術を持った日本屈指の走攻守三拍子揃ったプレーヤー。, 2013年〜2018年まで6年連続でゴールデングラブ賞を受賞している日本トップクラスの二塁手。WBCでは日本代表としてプレーし、好守備を連発。海外メディアに『ニンジャ』と呼ばれた。, 2018年に最多勝利・最高勝率のタイトルを獲得した広島のエース。最速154km/hのストレートを軸に多彩な変化球と正確なコントロールを武器にしている。, 2015年にリーグ優勝を果たしてからは、2016年、2017年と低迷していましたが、2018年には小川新監督や宮本慎也ヘッドコーチのもとチームを立て直し、リーグ2位となりました。 st series stシリーズ. 参考になれましたでしょうか?みなさまが楽しい野球ライフを送れることを願っています!, 【2019年最新版】プロ野球CS(クライマックスシリーズ)とは?日程や結果、アドバンテージなどの仕組みを徹底解説!, 【最新版】東京ヤクルトスワローズまとめ。初心者向け!注目選手・戦績など、チームの特徴が3分でわかる!, 【最新版】読売ジャイアンツ(巨人)まとめ。初心者向け!注目選手・戦績など、チームの特徴が3分でわかる!, 【最新版】横浜DeNAベイスターズまとめ。初心者向け!注目選手・戦績など、チームの特徴が3分でわかる!, 【最新版】北海道日本ハムファイターズまとめ。注目選手や戦績など、チームの特徴が3分でわかる!, 【最新版】千葉ロッテマリーンズまとめ。注目選手や戦績など、チームの特徴が3分でわかる!, 【最新版】東北楽天イーグルスまとめ。注目選手や戦績など、チームの特徴が3分でわかる!. 最大の特徴は、その足と打撃を絡めた圧倒的な攻撃力で、どんなに点差があっても試合をひっくり返せるだけの勢いを生み出すことができます。 丁寧にわかりやすく説明してくれるモノとかサービスって、意外となかったりしますよね。  バーベキューをしながら観戦できる席や、通路(コンコース)の多彩な飲食店など、野球観戦以外でも楽しめるよう工夫された球場のこと。米MLBでは主流。, 2位のソフトバンクは、ここ4年間12球団で唯一3位以上をキープし、安定して高い満足度を誇っている。新席の設置にも積極的に取り組み、ボールパーク化を推進している。実は、早くから積極的なファンサービスを展開する球界のパイオニア的存在でもある。恒例イベント「鷹の祭典」を初開催したのは04年。05年から14年まで取締役を務めた江戸川大学社会学部の小林至教授は、「ユニホームの無料配布が奏功し、当時発売したチケットは瞬間蒸発した」と語る。この成功が各球団に波及し、ユニホーム配布特典を用意したり、限定イベントを行う“イベントデー”が定番化した。, 昨今のプロ野球人気躍進を代表する存在のDeNAは、15年度の11位から僅か2年で3位にジャンプアップ。親会社がDeNAに代わった11年以降、球場でのファンサービスを急速に充実させ、閑古鳥が鳴いていた横浜スタジアムの景色を一変させた。こうしたサービスの実現を可能にしたのが、16年の横浜スタジアム買収。「素早く、自由に球場を改修するため、球場の収益を球団の利益に直結させるためには、球場経営を球団と一体化させることが不可欠」(平田氏)。, この一体経営の実現で、次なる成長株になりそうなのが日本ハム。札幌ドームでは一体経営を実現できない現状を打破すべく、23年に向けた新球場開業計画を発表。移転先の広大な公園全体をボールパーク化する斬新な構想を描いている。, 阪神は4位に食い込んでいるが、双璧で12球団断トツの集客力を誇る巨人が10位に甘んじているのはなぜか。鈴木氏の調査を読み解くと、ファンがチームに期待することの球団による違いが影響していることが分かる。, 鈴木氏によれば、地域に密着した球団に親しみを覚えるタイプ、プレーの面白さに魅力を感じるタイプ、そしてチームの強さに魅力を感じるタイプの3つに分けられるという。巨人は3つ目の、チームの強さに魅力を感じるファンが極端に多い。「巨人ファンは優勝しないと満足しない」(鈴木氏)。チームの成績が低迷するここ数年はファン満足度も厳しい状態が続いている。似た傾向がある西武は、21年に向けた大規模な球場改修に着手し、地域密着型を目指す。, 最近ではZOZO(現在はスタートトゥデイ)の前澤友作社長が球団買収に色気を見せ、臆測を呼んだ。「DeNAや楽天は、IT業界出身の経営者がトップに就き、最新のビジネスモデルを取り入れたことで急激に成長した。ZOZOも同じ役割を担う可能性はある」(平田氏)。「今後の状況次第では、ZOZOによる球団買収の可能性は十分あり、内心期待している」と、ある球団関係者は言う。話題渦巻く球界から目が離せない。, 【調査概要】