ョン開発などをしようとしているのでしょうか。. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 受講者3000名以上!超・実践型マネジメント研修 6日間講座、異業種交流をしながら、真のリーダーシップを学ぶ!ミドルマネジャーに必要となる「知識・スキル・マインド」を徹底的に鍛えます!. 「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, 「ギフト(β版)」は有料会員がお知り合いに有料記事をプレゼントできるを機能です。有料記事に設けた「ギフトボタン」を押してシェア用のURLを発行。そのURLをメールやSNSで送れば、どなたでも24時間以内なら無料で記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 優れた戦略立案は確かな情報源から。 「ハッピーロード大山破壊計画」問題は既に民事に留まるレベルではない。 司法により、贈収賄側双方が断罪されるべきである。 【2020/9/8追記】 上から2番目の写真に関わる記事の続報 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ 無謀な「ハッピーロード大山破壊計画」の強行が開始され、取り壊されようとしている建物に、仮囲いがされるなど、大山の街消滅の危機が刻一刻と迫っている。, 現状では、取り壊しの様子がはっきり見えるのは、上の写真のように、ハッピーロード大山から一つ離れた脇道だが、ハッピーロード大山本体にも明らかな異変が現れている。, ここは、無謀な「再開発」によるハッピーロード大山破壊計画で、「クロスポイント」なる補助第26号線、それに面した26階建てマンション建設などが画策されている一帯だ。, 店が閉じられたのは、営業不振などではなく、無謀な「再開発」により買収されたからであり、だからこそ「賑わっているのにシャッター商店街」というあり得ない状況となっている。, 戦前から旧川越街道沿いに自然発生的に商店が出始め、戦後の闇市で現在の東武東上線・大山駅周辺に多数の店が集まることになったという同商店街は全長560メートル。「板橋の顔」とされ、1日3万4000人が訪れる。, 商店街を斜めに突っ切って分断する道路(補助第26号線)建設の計画が持ち上がったのはじつに70年以上前、戦後直後の1946年までさかのぼる。当時戦後復興道路として計画されたものの、1970年代に商店街関係者らによる反対運動が起こるなどして、実現してこなかった経緯がある。ところが、都は木造住宅密集地域に「延焼遮断帯となる主要な都市計画道路(特定整備路線)を整備する」と災害対策を前面に打ち出して手続きを開始。国が2015年2月に事業認可した。, この道路建設により商店街は約3分の1、170メートルが削られて分断。さらに2つの再開発計画により、40店舗以上が立ち退きを余儀なくされる。再開発しだいでは商店街が3分割され、その4割超が消滅する可能性すらあるという。そのため、商店街「存続の危機」ともささやかれる。, 関連して都による大山駅の高架化で商店街のアーケードが2メートル削られる可能性があるほか、区による駅前広場や都・区による側道の整備で30軒以上が立ち退きさせられるのだという。, すでに解体に向けた手続きが開始されており、再開発組合によれば、早ければ8月25日からアスベストの除去を始めるという。12月末までに除去を完了。来年3月末までに解体工事を終える見通しだ。, ところが専門家が同21日に再開発組合を訪れてアスベストの事前調査報告書を閲覧したところ、調査ミスとみられる箇所がいくつも見つかったのだ。, いずれも危険性の高い吹き付けアスベストの可能性のある建材についての調査ミスとみられ深刻だ。, 再開発組合は調査報告書について「最終成果物ではない」と留保する一方、アスベストの事前調査は「終わっております」とも説明した。解体工事を請け負ったアサノ大成基礎エンジニアリングは報告書のとりまとめ後、追加調査は実施していないと認める。, 板橋区環境政策課は同17日、事前周知届けが提出されているが「図面の差し替えや調査ポイントの追加があったりで、いま審査をしている最中です」と明かす。同21日でもその状況は変わりないとのことで、区における審査が完了していないと認める。, ところが、同25日から開始とするアスベスト除去について「止める権限はない」と明言。区の審査が終了していないにもかかわらず、作業が開始されても構わないとの見解だ。, 上記記事中にもある調査を行ったNGO団体の事務局長は、「このままだと商店街にアスベストが飛散しかねない」と警告している。, 拙ブログではこれまで、将来に計り知れない禍根を残す「ハッピーロード大山破壊計画」をやめさせるべく、Web上の抗議、啓発を試み、行政及び推進派の不当性、非合理を繰り返し指弾してきた。, しかし、拙ブログなどをはるかに上回る住民の抗議活動にも関わらず、行政はひたすら「再開発」により儲かる業界にばかり顔を向け、凶行を続けてきた。その成れの果てが、発癌性猛毒物質「アスベスト」の撒き散らしである。, 引用した二つの記事にあるように、「事業費の約3分の2が板橋区の補助(うち2分の1は国負担)」、「板橋区から10億円の予算がつぎ込まれ」ている。, 「再開発」により儲かる有象無象の業者(不動産屋や建設会社、その取り巻きなど)が、推進派政治家(都知事、板橋区長、同区議など)に政治献金という名のリベートを提供し、その見返りに、事業認可や予算補助などの便宜を受け、濡れ手で粟の大儲けを企む、ということだ。, 政治献金という名のリベートを欲しいがために、国民の健康と安全を一顧だにせず、コロナ禍の真っ最中に「Go To」で旅行観光業界を儲けさせ、コロナ感染を急拡大させているのと同質である。, <東京板橋のアスベスト問題>区と事業主が再調査拒否 解体工事強行の構え 大山商店街再開発. Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. ついにハッピーロード商店街の大規模破壊! 2020年8月3日からクロスポイント再開発予定地区、31戸の解体工事がスタート. ハッピーロード商店街を分断する道路計画 大山駅の西側に560mのアーケードを有するハッピーロードは、このまちのまさに象徴。地元住民だけでなく周辺地域からも訪れる人が多い一大商店街です。実際、1日の来街者は3万4 今から30年ほど前に計画された道路計画。 それはハッピーロード商店街を分断するだけでなく商店街そのものを 消滅させるのではないかと思われる計画。 10年前くらいにTV局の取材が入り誰もがあきれたこの計画。 板橋区一の商店街を崩壊させるような計画を何故、役所が立案したのか? 都道路の延伸計画で、東京都板橋区にある大山商店街が分断へ。地元は70年余り反対をしてきたが、商店街の生き残りをかけて再開発を容認した。「多種多彩な人でにぎわう商店街」を目指し、まちづくりを進めている。 [ハッピーロード大山商店街振興組合理事長] 石川政和氏. ハッピーロード大山商店街を知っていますか?板橋区にある人気の商店街です。食べ歩きにおすすめな名物やグルメがたくさんあります。この記事ではハッピーロード大山商店街のおすすめ食べ歩きグルメやスポット情報をご紹介します。ぜひ遊びに行く時の参考にしてください! 都道路の延伸計画で、東京都板橋区にある大山商店街が分断へ。地元は70年余り反対をしてきたが、商店街の生き残りをかけて再開発を容認した。「多種多彩な人でにぎわう商店街」を目指し、まちづくりを進めている。, 東京都板橋区大山町の東武東上線の大山駅前にあるハッピーロードは、全長約560mのアーケードを有する都内屈指の規模です。1日の平均来街者が約3万人、組合加盟店舗数が200前後。ターミナル駅の池袋駅へのアクセスが良く、商店街を中心にした半径1km圏内の人口は約7万7000人と推計されており、老若男女が行き交うにぎやかな商店街となっています。, TAIWAN EXTERNAL TRADE DEVELOPMENT COUNCIL, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。.