今でもゴールキーパーGKに対してのチャージングはより注意して見るようにされています。  2018 All Rights Reserved. ・繰り返し競技規則に違反すること。 またはこれから受けようとしているゴールキーパーGKに対して それこそ、   2019/05/26. 反則行為として口にする方もいますが、 今でも昔の名残りで「キーパーチャージ」という言葉を 守備側の反則行為によってプレーを中断するよりも、そのまま続けさせた方がファウルを受けた攻撃側に有利と主審が判断すれば、プレー続行。主審はこれを、両手を上前方にあげるジェスチャーで表す。 ・進路の妨害 ボールをプレーせず、意図的に相手選手の進路を妨害する ゴールキーパーへのプレーの妨害 ゴールキーパーがボールを手から離すのを妨げる ・フリーキックで罰せられる反則で、ゴールに向かっている相手競技者の決定的な得点の機会を阻止すること(競技規則に規定される警告の場合を除く) 。 まず、「キーパーチャージ」がどのような反則かお話します。, ゴールエリア内で、ボールを持っていない、 ゴールキーパーGKであるあなたが反則を取られるということは、 みなさん「直接フリーキック」と「間接フリーキック」の違いって説明できますか?これサッカー好きな人でも、なかなか違いがわかりづらいんですよね。, また「直接フリーキック」と「間接フリーキック」と判断されるときの反則行為もかなり細かく分かれています。直接フリーキック、間接フリーキックの違いもわからないのに、さらに細かいルールまであるなんて厄介です。, なので、今回はそんな複雑なサッカーの反則行為、ルールについてまとめて紹介していきます。サッカー初心者、経験者の方はもちろん、細かいルールについて知りたい方はぜひ参考にしていただければ幸いです。, 直接フリーキックとは、選手が以下で説明する違反行為を不用意に、無謀に、あるいは過剰な力で犯したと主審が判断した場合に相手チームに与えらます。 そこに対してのチャージというのはかなり危険ですからね。  チャージングになった場合であって、   「何年もサッカーやってるのに、今更ルールを知らないはずがない。」  直接フリーキックは、キッカーからディフェンダーが離れていて止まった状態のボールを助走をつけて蹴ることができる。そのため、ゴールに近い位置からだとシュートの可能性も高くなる大チャンス。無回転シュートやカーブをかけた芸術的なシュートが見られることも多いので、注目しておきたいポイントの一つだ。, 直接ゴールが狙えるフリーキックに対して、2人以上のプレーヤーがボールに触れるまでゴールが認められないフリーキックを、「間接フリーキック」と言う。間接フリーキックで直接ゴールした場合、得点は認められない。 反則をしてしまうと、攻守が入れ替わりフリーキックなど相手にチャンスを与えたり、警告や退場などの処分を受けることもある。1プレーでその後の試合展開や流れを左右することもあるので、サッカー観戦時には反則にも注目してみよう。, サッカーで反則を犯した場合、その代償として相手チームにフリーキックが与えられる。 ・直接FKとなる反則を無謀に行うこと。 試合ではしばしば反則(=ファイル)でプレーが中断する。その後のセットプレーは試合の流れを変えることもあるので、ぜひ知っておきたいところ。そこで今回は、サッカーの反則にまつわるポイントを7つ紹介する。, サッカーでは、国際サッカー評議会によってサッカー競技規則が定められている。その中で、反則についてまとめられたのが、「第12条ファウル及び不正行為」だ。 サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. ・主審の承認を得ずフィールドに入る、または復帰すること 。   ・著しく不正なプレーを犯すこと。 ルール上ではゴールキーパーGKもフィールドとチャージに関して それ以降、ゴールキーパーGKとフィールドプレイヤーはルール上、 そう思うのは当然だと思います。  イエローカードは、警告という意味合いを持つ。同一試合で2枚提示されると退場、累積で2枚たまると次の試合の出場停止などの処分になる。反則を繰り返し続ける、わざとプレーの再開を遅らせる、審判に反抗するなど、スポーツマンにふさわしくない行為が、イエローカードが出される主な反則だ。 他には、ゴールキーパー以外の選手が、危険な方法でのプレーや、相手の前進を妨げると主審が判断する行為、オフサイドなどの反則が、間接フリーキックになる。, ゴールから18ヤードの範囲に設けられたペナルティーエリア。この中で反則をしてしまうと、ペナルティーキック(通称:PK)を与えてしまう。PKでは、12ヤードの距離からゴールキーパーと1対1でシュートを打てるので、高確率で得点になる。 バックパス・ルールというのは簡単に言うとゴールキーパーが味方からのパスを手で触ることを禁止したルールです!. チャージに関して同等の扱いとなっています。  「キーパーチャージ」についてお話します。  ゴールキーパーgkであるあなたが反則を取られるということは、 ほぼ間違いなくそのままピンチにつながるでしょう。 そんなことが起こらないように、 ルールの改正点はしっかり押さえておくのが、 サッカー選手としての責任でしょう。 また、アドバンテージを取った反則が悪質なものであった場合は、次にプレーが段階でカードを提示することもある。, スポーツマンシップにのっとりルールに従うことは当たり前だが、勝負事である上、思わず反則をしてしまうこともあるだろう。反則をしてしまうとピンチ、相手にとってはチャンスになるので、試合の展開を理解するためにもぜひ反則について知っておきたい。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311.   © 2020 あずろぐ All rights reserved.   サッカーはボールありきでファウルかどうか判断されることが多く、ボールではなくスペースに走り込む選手のみに進路を妨害するような行為は反則としてみなされます。, GK(ゴールキーパー)がボールを手に持って前方に蹴り出そうとしいている瞬間に、そのボールを狙って足を出すと間接フリーキックとなります。ただし、ボールを足元においていて、相手選手に気づかずにボールを奪われてしまったら、それは反則行為となりません。よく、後ろからきた相手選手に気づかずにボールを奪われてゴールを決められてしまうシーンあります。これは反則行為ではなく正式なゴールとして認められます。「ボールを手に持ったGK(ゴールキーパー)」なので、間違わないように注意しましょう。, デンジャラスプレーとは、名前の通り危険なプレーです。さらに具体的に言うと相手選手がしてしまうような「危険なプレー」をデンジャラスプレーと呼びます。例えば、相手選手にスパイクの裏を見せてスライディングにいったり、ヘディングのときに足を高く上げすぎる行為などはデンジャラスプレーと判断されるケースが多いです。, 一度、サイドラインにボールが出た場合は、スローインからリスタートします。ただし、そのときに注意しなければいけないことが、スローインを投げた選手が、続けてボールを触れることです。例えば味方の選手が相手選手にマンマークされていて、スローインをすることができず、足元にちょこんと置いて自らがプレーすることはNGです。それは反則行為と判定され、その地点から間接フリーキックとなります。一度、別の選手(味方or相手)にボールが触れる必要があります。, スローインと同様でフリーキックの場合も蹴った選手が続けてボールを触れることは反則行為となります。例えばフリーキックをもらい、ちょこんと蹴って自らがドリブルなどすることはNGです。もし反則行為と判定された場合は、その地点から相手チームの間接フリーキックとなります。一度、別の選手(味方or相手)にボールが触れる必要があります。, シミュレーションとは、実際にはファールをされていないにも関わらず、演技をしてファールをもらうことです。攻撃側の選手が守備側の選手にスライディングやタックルなどで倒された場合に通常であればファールとなります。ただし、攻撃側の選手が倒されるほどのスライディングやタックルを守備側の選手から受けていないと審判に判断された場合に、このシュミレーションが適用されます。このシミュレーションはペナルティエリア内で多いです。, 例えば、ペナルティエリア内でPK(ペナルティキック)をもらうために演技してファールされたふりをすると、このシミュレーションを適用されます。とくにブラジル代表のネイマール選手はシミュレーションかどうか判定するのが難しいと有名ですよね。, その他、間接フリーキックとなる反則としては、GK(ゴールキーパー)が一度持ったボールをドリブルしようと足元に置き、相手がプレッシャーをかけてきたので再度ボールを手に持ったときは間接フリーキックの対象となり反則行為です。また、戻りオフサイドなども間接フリーキックの対象となる反則行為です。, サッカーの中で懲戒の罰則としてはイエローカードとレッドカードがあります。 ・相手選手、その他の者につばを吐く。 ・言葉、または行動により異議を示すこと。 ボールを取る際、両手を上げることで空中で不安定な状態になり、 実は10年以上前に廃止されているわけですね。  実は反則のプレーだったということも十分考えられます。  また、直接フリーキックは名前の通り「直接」ゴールを狙っても良いフリーキックです。, 反対に、のちほど説明する「間接フリーキック」があります。これは名前の通り「間接的」にゴールを狙わなければいけません。つまり、直接ゴールが決まった場合はゴールとならず、誰か選手がボールに触れないといけません。, キッキングとは、名前の通り相手選手をキック=蹴ること、あるいは蹴ろうとすることです。また実際に相手を蹴らなくても、蹴るそぶりを見せた場合には反則行為となります。, トリッピングとは、相手選手をつまずかせることです。ボールとは関係なく、足、または体を使い相手選手を倒したり、倒そうとする行為も反則行為となります。また、身をかがめてプレーを邪魔する行為もトリッピングとして反則行為になります。, ジャンピングアットとは、相手選手に飛びかかる反則行為のことです。ヘディングのふりをして、相手に飛びかかるなどしたら反則行為となります。また、コーナーキックなど選手同士が入り組んでいるときは、ジャンピングアットが起きやすいので気をつけましょう。, ファールチャージとはボールをキープしながら自分の肩で相手の肩をチャージするときに、それが必要以上に激しいチャージであったり、危険なチャージだと審判が判断した際に反則行為となります。審判の裁量にもよりますが、激しかったり、明らかなファールと判断されるケースを除けば、肩同士をぶつけあうショルダーチャージであれば問題はないです。, ストライキングとは、相手を殴ることです。また、殴るだけではなく、殴ろうとすることも反則行為に該当します。ひじを相手の体に入れるのもとても危険であり、そういうふりを見せるだけでも反則になります。反則直後に、選手同士でもみ合いになって、殴るシーンなんかは多いですよね。あれで、退場になるケースも多いです。, プッシングとは、名前の通り相手選手をプッシュ=押すことです。手や足、体を使って相手を押すと反則行為となります。 ルーズボールの奪い合いやセットプレーのさいのポジション争いなど、プッシングはかなり多い行為です。ただ、どこでプッシングと判断するかは審判の裁量に委ねられるケースが多いです。, ファウルタックルとは、ボールを奪うために相手にタックルをし、ボールへ触れる前に相手の体に接触することです。多いケースとして、相手チームがパスを出し、それをスライディングでカットしようとした際に、ボールではなく選手自体を倒してしまうといったケースです。試合では多く見られる反則行為ですね。, ホールディングとは、相手の体やユニフォームをつかんだり、押さえたりすることです。コーナーキックなどのセットプレーのときなどに起きやすい反則行為です。選手同士でポジションどりをする際に、つかんでしまったり、押さえてしまうケースがあります。また、DFラインの裏へ抜けた選手のユーフォームをつかんでしまうケースも試合の中では多いです。, スピッティングとは、相手につばを吐きかけることです。これはサッカーの反則行為というよりは人としてどうなの?というレベルですが反則行為に該当しますね。相手選手に向かってではなく、単に口の中に溜まったつばを吐くぶんには問題ないです。悪質な場合にはレッドカードで退場となるケースもあります。, ハンドリングとは、意図的に手や腕を使ってボールを運んだり当てたりすることです。ただし、偶然に手や腕に当たったときは、主審の裁量で反則行為かどうかは決まります。多いケースとしては、シュートを放ったボールが相手選手の手にあたり、PK(ペナルティキック)となるケースです。なので、シュートシーンなどはハンドリングを取られないように、手を後ろに隠してディフェンスしている選手が多いですよね。, 間接フリーキックとは文字通り「間接」=「間に誰か挟むフリーキック」のことをいいます。, 主にGK(ゴールキーパー)の反則行為がこの「間接フリーキック」となります。 ・同じ試合の中で二つ目の警告を受けること。, スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。, 毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。, TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!, 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。, また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。, copyright 2020 SPOSHIRU All Rights Reserved. イエローカードは同じ試合の中で、2枚もらった場合は退場となります。, 一方でレッドカードをもらった場合は一発で退場となります。イエローカードは、危険な行為、シミュレーションなどの反スポーツ的な行為、時間稼ぎや露骨なハンドなどの策略的な行為をした場合に提示されます。, レッドカードは、きわめて危険な行や選手に対して侮辱をしたり暴力をふるった場合に提示されます。また、カードの色、枚数によって累積が溜まってしまい、次の試合に出場できないケースもあります。, ・プレーの再開を遅らせること。 それどころか、 ・コーナーキック・フリーキック・スローインでプレーを再開するとき、規定の距離を守らないこと。 ・相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、阻止するためにファウルを犯す、またはボールを手または腕で扱うこと。 ただし、このルールは1997年での規則改正により廃止されています。  サッカーをまとめて紹介するブログ , ・攻撃的な、侮辱的な、あるいは下品な発言や身振りをすること。 エリア内ではゴールに近いので激しいプレーになりやすく、ディフェンス側は反則にならないように守る。一方、オフェンス側はPKを狙ってわざと反則を受けたように転ぶこともあるが、これは「シミレーション」という反則だ。 サッカーの試合では審判のホイッスルでプレーが中断することがある。見ている側としては、なぜ止められたかがよくわからない時もある。試合ではしばしば反則(=ファイル)でプレーが中断する。その後のセットプレーは試合の流れを変えることもあるので、ぜひ知っておきたいところ。   相手選手を蹴ったり押したりするなどの反則をした場合、直接ゴールしてもよい「直接フリーキック」を相手に与えてしまう。また、相手選手に力を加えなくても、唾を吐く、ハンド(意図的に手や腕でボールに触れる)などの反則も直接フリーキックになる。 この場合の反則は、主にゴールキーパーに関わるもの。6秒以上ボールを手で保持したり、見方からのパスやスローインを手で触れる行為が、間接フリーキックとなる反則だ。ゴールキーパーの主なポジションから、ペナルティーエリア内での反則がみられるが、どんなにゴールに近くても間接フリーキックになる。 ・シミュレーションを行うこと。, ・意図的にボールを手または腕で扱い、相手チームの得点、あるいは決定的な得点の機会を阻止すること(自分たちのペナルティーエリア内にいるゴールキーパーを除く)。 敵が入ってこないように自分でブロックする必要があるわけですね。, 今回はゴールキーパーGKに最も関係するルール改正として ルールの改正点はしっかり押さえておくのが、 ただし、1つ忘れないでいただきたいことは、 相手がボールにいかずにゴールキーパーGKへの体当たり目的の