「ゲゲゲの鬼太郎(第6作) シーズン2 第092話」見るならテラサ!初回30日無料、月額562円(税抜)でおトクに見放題!ドラマ・バラエティ・アニメ・映画・特撮など幅広いジャンルの作品や放送終了後の見逃し配信、オリジナル作品など豊富なラインナップ! 人間と争う場面も多く、「悪い人間は許せない」と、人間の悪辣さを憎む心を見せることがあった。とりわけ卑劣な人間には「とっ捕まえて地獄の責め苦を味わわせてやる!」と憤るなど、妖怪としての怖さを容赦なく見せつけている。その際には貸本時代の「墓場鬼太郎」のような不気味な笑みも浮かべていた。この「恐ろしい妖怪としての鬼太郎」は、原点回帰を謳った4期以降のシリーズに継承されていくことになる。 墓場鬼太郎 背は1期よりも少しだけ伸びているようだが、同一人物なのでよく見ないと判別出来ないレベルである。 第65話 建国!?魔猫の大鳥取帝国/鳥取を訪れるまなと鬼太郎たち。そこで、鳥取県が大鳥取帝国として独立したことを知る。さらにねこ娘の放った一言により、鳥取侮辱罪で逮捕されてしまい…!? 鬼太郎・目玉おやじ・ねずみ男・猫娘・砂かけ婆以外は、あまり安定しているとは言い難かったが、死神役だけは一貫して神山卓三が担当した。 他の声優は、前作で砂かけ婆役だった小串容子が、本作ではレギュラーになった猫娘役を担当。砂かけは3話より山本圭子が定着し、山本はその後、4期と5期でも同役を続投するなど後継作にも影響を及ぼした。 人間に対する態度は中立的で、人間に肩入れしすぎることはなくなった。特に「地相眼」では助けを求めてきた人間に対し、不可抗力とはいえ人間側にも非があった(天文観測用の秘宝を持ち出した)ことから、「地相眼を作る材料として息子の命を差し出せ(要約)」という妖怪の要求に対し、「妖怪側の紳士的な態度に答えるべき」と説いたこともある。, 基本的に、ねずみ男に対する態度は1期よりも軟化している。自ら絶交を言い渡す回もあるものの、一反もめんに「見捨てた方が世のため」と言われた際は、叱りつけて助けに行かせている。, ゲゲゲの鬼太郎 話数こそ少ないが、本作は根強い人気から夏・冬休みのシーズンを中心に繰り返し放送されたことで、1期を超えてアニメ版のスタンダード的に認識されるとともに、3期制作開始のきっかけともなった。 前作から2年半後に続編として製作されたTVアニメシリーズで、鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男は全話登場。新しくレギュラーとなった猫娘も、時々未登場回はあったが全話登場に近い扱いである。 他の準レギュラーメンバーは、やはり出番は増えつつもゲストと同じ扱いにとどまっている。 技術の向上とカラー化の影響もあってか、ヒロイックに味付けされた1期よりもホラー要素・風刺的で不気味な雰囲気など、怪奇ものらしい要素が強くなった作品が数話ある。特に「イースター島奇談」「足跡の怪」など、多くの視聴者にトラウマを植え付けたエピソードはファンの間で語り草となっており、これらを子供時代に(再放送)見て影響されたアニメスタッフが、5期・6期でリメイクを制作する動機にもなっている。 『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、1971年10月7日から1972年9月28日までフジテレビほかで全45話が放送された、東映アニメーション制作のテレビアニメ。水木しげるの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする、妖怪アニメ作品のテレビシリーズとしては2シリーズ目に当たる。, 前作である第1シリーズから2年半後の製作。スタッフ・キャストはほぼそのままでカラー作品となり、前作と同様に高い支持を得た。全52週(後述する本放送中の再放送を参照)の平均視聴率は17.0%(ビデオリサーチ関東地区調べ)。第1〜第5シリーズの中で掲載誌のクレジットが唯一小学館の雑誌である。話数的には歴代で一番少ないが、前作からの続編であるため総話数でカウントすれば全110話となり、後年のアニメシリーズとも同じくらいの長期シリーズとなる。, 本作より猫娘がレギュラーに加わる。第1シリーズの完全な続編という位置づけであるため、エピソードのリメイクは行われなかった。この事により、「鬼太郎」以外の水木作品を原作に転用した回が全体の約半分を占める(前作の末期でも「海じじい」「なまはげ」の二本の先例がある)。これらの作品はもともと単体で物語が完結しているため、鬼太郎がストーリーに介入する余地が少なく、「正義の鬼太郎が悪い妖怪をやっつける」という子供番組としての基幹コンセプトから外れて、鬼太郎が単なる傍観者で終わってしまう話や、非常に怖く救いのない話も続出した。その反面、風刺色や怪奇色の強い大人向け作品を取り上げたことにより、水木作品の持つピュアなエッセンスの忠実な映像化に成功した。, 鬼太郎・目玉おやじ・ねずみ男・猫娘の4名がメインキャラクターとして毎回登場して、「鬼太郎」以外の水木作品を原作に転用した回では、それぞれ本作独自の活躍や行動を見せている。ただし、猫娘だけは他の3人と異なり完全な全話登場ではなく、時々姿を見せない回もあった。, 前作に続き、本シリーズも殆どの事件は各話毎に解決し、通常は無関係な単発の話が進行するが、第34話からは「鬼太郎」以外の水木作品の「サラリーマン死神」も単発エピソードと同時進行で数本アニメ化され、水木作品でもおなじみの死神が準レギュラーとして登場する。鬼太郎たちとは敵対もしながら閻魔大王の命令で死者の魂を集めるノルマを果たすために哀愁も漂わせる描写がなされ、本作の持ち味の一つとなった。最終回の第47話は、この死神のノルマの本シリーズにおける一応の決着が描かれた。, 原作の意図をよく理解したスタッフは当時の風俗や世相などを取り入れて、鬼太郎たちメインの妖怪キャラ4人に各役割を与えた事で、風刺やアイロニー、人間の業の深さなどを描き切り、他のシリーズには見受けられない強いメッセージ性と独特の深い味わいを持ったシリーズとなった。テレビアニメの「タイガーマスク」を終えたスタッフが合流していることなどにより、第1シリーズに比べて劇画調の強いタッチの絵柄が増え、前述のような異色の物語群を一層特徴あるものに仕上げている。, 次回予告は、前作同様に出演声優が交代で担当し、時々鬼太郎のナレーションもあったが、大半はキャラの声ではなく各回の出演声優による普通の予告ナレーションで解説する形式が取られた。, 本作品は52週放送したが、一部の話数[注 1]の再放送があるため、実際の制作話数は45話である。, 再放送の少なかった第1シリーズと違い、第2シリーズは夏休みの子供向けアニメの定番としてその後何度も再放送され、リアルタイムでない世代のファンも多く生み出した。1980年代に東映より販売されたビデオソフトには、第1シリーズと区別するため「新・ゲゲゲの鬼太郎」というタイトルが表記されていた。, 1、2巻は『新・ゲゲゲの鬼太郎』、3巻以降は『ゲゲゲの鬼太郎』表記。ビデオに記載された話数は再放送分を含んだ全52話換算での話数。以下のような収録がなされている。( )は予告編の収録話数。2巻、5巻に、いずれも第1シリーズの第1話「おばけナイター」、第2話「夜叉」の予告編が入っていた。, 内訳は1972年3月16日に第2話「妖怪反物」、5月18日に第6話「死人つき」、6月8日に第10話「, 前作同様に台詞無しでの登場が多く、台詞があるのは第30話のみ。他に12話で鬼太郎たちの仲間とは別の呼子が敵として登場し、声は, 前作同様、実際に使用されているにもかかわらず曲の存在自体がクレジットされていない。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第2シリーズ)&oldid=78135942, 撮影:藤橋秀行、菅谷正昭、不破孝喜、井出昭一郎、細田民男、武井利晴、高橋宏固、山根恵、高梨洋一、白根基万、池田浩二, 記録:池田紀代子、熊沢直美、大橋千加子、中嶋晴代、的場節代、中村直美、河島利子、井上ふみ子、佐伯節子、高野ヒサ子、早見佐代子、黒石陽子、花野ひろ子, 『鬼太郎』劇場版は大半がテレビシリーズ継続中に上映されており、TVシリーズ終了後に上映されたのは本作が唯一。, ゲゲゲの愛蔵盤 水木しげるの映像世界 TV主題歌ベスト(2010年12月22日発売、品番:KICA-2401), ゲゲゲの鬼太郎 歴代主題歌集(2019年3月20日発売、品番:COCX-40763). 話数は全45話と全シリーズ中最も少ない。ただし前編である1期の話数を加算すると、その合計話数は110話となる。 子供の頃幾度となく再放送されていた2作目、6期も素晴らしい出来ですが2期は鬼太郎本来の怖さがよく出た作品が多いです。「イースター島」「もくもくれん」「足跡の怪」が3大恐怖エピソードでした。今は目玉の親父さんの野沢さんですがやっぱり鬼太郎の声は野沢さんが一番似合っています。 こうして1期には存在しなかったヒロインが加わったことで、作品の雰囲気に華を添えることに成功している。 新しくレギュラーメンバーの仲間妖怪として、元々水木作品や「鬼太郎」シリーズでも原型となる存在が古くから登場していた猫娘をヒロインとして追加。 第1話で晴耕雨読の生活を送る(猫娘には鬼太郎らしくないと嫌がられた)など、性格は第1期終了後の2年間で大人びており、滅多に子供っぽい顔を見せることはなく、しっかり者の少年といった感じになっている。 パック価格 :440円 視聴期間 :7日間 【複数話セット】ゲゲゲの鬼太郎(第2期) 第1~5話 2020.05.22. 「ゲゲゲの鬼太郎(第6作) シーズン2 第080話」見るならテラサ!初回30日無料、月額562円(税抜)でおトクに見放題!ドラマ・バラエティ・アニメ・映画・特撮など幅広いジャンルの作品や放送終了後の見逃し配信、オリジナル作品など豊富なラインナップ! エピソードの中にはメッセージ性を多く含んだもの、原作を遥かに越える寒気を感じさせるもの、バッドエンドにすることで教訓を促すものが目立つ。高度経済成長期の最盛期に起こった自然破壊、環境破壊、ゴミ問題などにフォーカスし、人間批判的なエピソードも多く見られた。 放映当時から時を経た現代では、白黒というインパクトに加えアニメ初代という立ち位置の第1期と、歴代最高視聴率の第3期という注目度の高い2作品に挟まれ、一般的な印象はやや薄い感がある。 妖怪バリバリ」、後者は第64話「もうりょうの夜」)された。また第5話「呪われた映画」では劇中劇の映画に「アンコールワットの亡霊」(5期での名前はクメール遺跡の亡霊)の筋書きが使われるなど、2期のエピソードがかなり意識されていた。第2期屈指のホラーエピソード・「足跡の怪」を取り上げる予定もあったが、突然の打ち切り決定(詳細は. 【複数話セット】ゲゲゲの鬼太郎(第2期) 第11~15話. 基本的には丁寧に喋るが、一人称や口調はころころと変わり、「俺」という一人称を使ったり、「~~だぜ」といったワイルドな口調になることも多かった。 ゲゲゲの鬼太郎(アニメ), ゲゲゲの鬼太郎アニメ版の第2シリーズ。初のカラー作品。またはそれに登場する鬼太郎の愛称。, 第5話「あしまがり」は、現在だと自主規制的な放送禁止エピソードとなっている。「あしまがり」という言葉が「足に障害を持つ人間に対して差別に聞こえるのではないか」という懸念が理由である。ただし、内容的には当該妖怪の名称以外は(他のエピソードと比較して)特に問題視される要素はない。ソフト化や有料配信の際は漏れなく収録されており、完全な封印作品というわけではない。, 「あかなめ」という名前の妖怪が二回登場(「マンモスフラワー」と「あかなめ」)し、どちらもエピソードでメインを張っているが、デザインも大きさも設定もまるで異なる(というより前者は「妖怪」、後者はほぼ「怪獣」である)。そして現在知られる水木しげる風のデザイン(正規の妖怪画として描いたものも含めて)とも違う。ただしどちらも汚れに纏わる妖怪であることは共通している。, 地上波での再放送回数は放送当時を含めて非常に多いことで有名で、世代外の人間にも広まっている。, 第5期では、本期のみのエピソードとなる「心配屋」「死人つき」がリメイク(前者は第60話「働け!!