鴉天狗(ぬら孫)がイラスト付きでわかる! 漫画「ぬらりひょんの孫」の登場人物としての鴉天狗について解説。 プロフィール |^年齢|不明| |^声優|間島淳司| 概要 奴良家お目付け役。高尾山天狗党党首。愛称は「カラス」。 非常に小さな身体に、竹串ほどに小さな錫杖を持っている。 Twitter / @Yamanaka_D: 担当ディレクターにOKを貰ったので告知。弊社が開発に ...: 銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White(白くぬれ!), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ぬらりひょんの孫&oldid=79678923, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム スターター Vol.2 鏡にうつる花 水にうかぶ月, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.1 リクオ、四国妖怪と対峙す, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.2 今へと繋ぐ そして遠野にて, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.3 漆黒の楽園へ, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.4 妖たちの宿願, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.5 因縁の系譜, ぬらりひょんの孫 トレーディングカードゲーム ブースターパック Vol.6 輪廻の環 千年の闇, キャラクター公式データブック「妖秘録(あやかしひろく)」(2010年7月2日発売、, プロデューサー - 篠崎真哉、本安哲人(第2期)、古澤佳寛、米倉功人、高取昌史、大和田智之、曽田健夫、川村仁(第1期), 第2期 - 奴良魔京(集英社、東宝、読売テレビ、BS11、ポニーキャニオン、読売広告社), 第1話冒頭に、牛鬼と夜のリクオが捩眼山にて対峙する場面が登場する。そして原作2話を元にした話に続いていく。, 捩眼山での牛鬼とリクオの戦闘で、牛鬼が出した、リクオが殺してきた幻影の中にガゴゼはいない。また、リクオがその幻影を明鏡止水・桜を使うことなく倒している。, 四国八十八鬼夜行の犬神と犬鳳凰の最期が違う。また、針女が鉤針女と言う名前になっている。, 犬神が単独でリクオを狙った時の設定が違う。原作では生徒会選挙で全校生徒が集まっている体育館、アニメでは誰もいない旧校舎。, 針女が化猫組の妖怪和風隠食事処「化猫屋」で店員になり済まし、奴良組幹部の一つ目入道から奴良組に関する情報を聞き出し、その後、毛倡妓と一戦を交えている。. ある日の奴良組本家の屋敷では、優鬼は鬼集組が奴良組の縄張り内で任せられている地域の管理状況の報告を父親の悪鬼の代わりに聞く為に地域内のお目付け役を呼んでいた。, 本当なら優鬼は学校なのだが、病欠と言う事にして学校を休み、報告を聞くだけの筈だったが、何故か組長である悪鬼の仕事がたんまりと優鬼に回って大変な事になったのだ。, 「優鬼様!旧校舎の妖怪達から例の件で苦情が凄いですよ!ほら、鬼集組宛にこんなにも苦情の書状が!」, 「お嬢!用心棒に回してた家の組員から若い奴等が多すぎて埒が明かなから人員を多めに回してくれって書状が!」, 「お嬢様。組長が貴方様恋しさに毎夜毎夜と泣かれて煩いので説教してくれと奥方様からの御手紙が届いておりますよ」, 鬼集組の担当すら各地域のお目付け役の鬼女、赤鬼、鬼婆等と面子を揃えて忙しく書状の山を並べては片付けるの繰り返しだった。, 「悪鬼様が接待と言う名目で他の大幹部の方々と飲みに行ったりしてますからね~。その分、若頭の優鬼様に回っちゃったりするんですよね~」, 優鬼は戸を開けて縁側を見てみると、バタバタと動いており、優鬼は首を傾げていると、向こうからいかにもヤクザとばかりの顔付きの男と蛇頭の妖怪がが歩いて来た。, 優鬼がそう言った瞬間、妖怪達が出迎えに行くのを見た優鬼は言った通りになったと言う表情をすると、鴆は微笑む。, その鴆の後ろを蛇頭の妖怪が控え、優鬼に頭を下げながら通って行く中、優鬼は蛇頭の妖怪についてどうしても気になった。, 「あれは鴆一派の幹部、蛇太夫様ですね。あぁやって何時も鴆様を気遣っている中々の忠義者だとか」, 優鬼は蛇太夫が何処か黒い何かを抱えている気がしてならず、気にしていると優鬼は後ろから捕まれて部屋に戻された。, 悲痛な優鬼の叫びに奴良組の妖怪も流石に助け船を出す訳にもいかず、最終的に優鬼の唸り声が部屋から漏れ続ける事になった。, 作業を始めてから約八時間後、一通り落ち着いた優鬼は疲れはててつつも作業を終わらせる為に筆で書状の返事を書いていた時、屋敷内から大きな怒号が響き渡った。, 「鴆さんの・・・まさかリクオ様が鴆さん相手に人間になるとか言い出したのかしら・・・」, 優鬼は鬼女に促されて作業を再開した時、ゆっくりとした足音が聞こえてきたと思いきや戸が開いた。, 「なに、少しばかり無茶をしちまっただけだ・・・俺はもう帰る。最後にお前に挨拶だけして帰ろうと思ってな」, 「ふん、まさか暫く見ない内にあんなうつけになっているとはな。全く、流石に愛想が尽きたぜ・・・ゴホッゴホッ!」, 優鬼はそれをあえて聞かなかった事にし、心配そうに鴆を見送った後、また作業を再開しようとしたが、優鬼はリクオの事が無性に気になってしまった。, 優鬼はリクオを探して歩いていると、リクオが鴉天狗と出ていこうとする姿を目撃し、リクオ達を呼び止めた。, 「うんちょっとね・・・僕、鴆君を怒らせちゃって。だから鴆君の所に謝りに行ってちゃんと説明しなきゃと思って」, 「そんなの父上に押し付け直しますから大丈夫です。それにこのまま行けば夜になってしまいますし、お供が鴉天狗だけでは頼りないですしね」, おぼろ車に乗ってから揺られ鴆一派の縄張りに入った頃、鴉天狗が辺りを見渡してどの辺りに来ているのかを探った後、リクオに報告する。, 「若!鴆様の屋敷が・・・か・・・火事ですよぉーーー!わーーー・・・ど・・・どうします!!?」, 優鬼も含めて激しく動揺し、混乱しているとリクオは何を血迷ったのかとんだもない事をおぼろ車に指示を出した。, 優鬼が叫ぶ前におぼろ車は戸惑いつつも鴆の屋敷に突っ込んで突入し、埃が舞う中でリクオ達はおぼろ車から降りた。, リクオが鴆を呼び掛けると、そこには刀を立てて体勢を崩している鴆と鴆一派の幹部、蛇太夫がいた。, 「ゴフッ・・・り・・・リクオ・・・?どーしてお前が・・・?此処へ・・・それに、優鬼まで・・・」, 「ふん、そいつが奴良組の為、奴良組の為だと言って男らしい野心を一つも持ち合わせちゃいない・・・そんな奴に愛想が尽きちまったのさ!」, 「だからって、親分である鴆さんを裏切るなんて・・・不義理を働いたからにはタダでは済まないわよ!」, 「そん時はそん時だ・・・だが、今はお前達を殺して新たに蛇太夫一派を築く。その為のハクを着ける為に・・・死ねぇ!リクオ!優鬼!」, 蛇太夫はそう叫びながら首を伸ばして優鬼に噛み付こうとし、優鬼は護身用のドスを抜刀して身構えて迎え討とうとした時、後ろから圧倒的な妖気を感じ取った。, 優鬼が気付いた時には蛇太夫の攻撃は止まっており、目の前には白と黒の長髪が特徴的な青年が刀を持って蛇太夫の口の中から一刀両断してしまった。, 蛇太夫を殺した青年に優鬼は驚きと感動を覚えていると、向こうから鴆が混乱しつつやって来た。, 「数年前、ガコゼの件で覚醒されたお姿です。あの時以来、覚醒する事は無かったのに・・・」, 「成る程・・・四分の一は妖怪だってーのか・・・なっさけねぇ。此方は歴とした妖怪だってのに・・・結局、足手まといになっちまってる・・・」, 「なぁリクオ。今のオメェなら継げんじゃねぇのか?三代目。俺が死ぬ前に・・・晴れ姿を見せちゃくれねぇか?」, 「良いねえ・・・俺に継いでくれんのかい。次いでに、あんたの盃もくれよ。俺は・・・正式にあんたの下僕になりてえ!どーせ死ぬならあんたと、本当の義兄弟にさせてくれ。親の代じゃねぇ・・・直接あんたから」, 「まぁ、四分の一しか妖怪になれませんからね・・・戻って何事も無かったかの様に振る舞いますよ、アレは」, 優鬼の言葉に鴉天狗は悔し涙を流しながら惜しむ様に泣いており、優鬼はこれからも覚醒するのだろうかと考えていた。, 「・・・鴉よ。あとどれ程の盃を交わせば・・・妖怪供に認められた事になる?俺は・・・三代目を継ぐぜ」, 「父を含め全員で、十四人かそれ以上。どの幹部も総大将の代からの古参と言った所です」, 「そうか・・・優鬼。お前は、盃を交わさねぇのか?今の俺なら、お前と盃を交わせる程の資格はあると思うが?」, リクオの言葉に優鬼は動揺していると、リクオは優鬼に悟られないまま、近づき顔を近くに近付けた。, 「戯れじゃねぇ。俺はこんなんでもお前に惚れてんだぜ?忘れんな・・・俺は必ずお前を下僕ではなく、嫁として俺に着いて行かせるからな」. 『ぬらりひょんの孫』(ぬらりひょんのまご)は、椎橋寛による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2008年15号から2012年30号まで連載された。 妖怪を題材とした少年漫画作品。 略称・愛称はぬら孫で、後述のラジオの題名等にも使われている。 黒羽丸がイラスト付きでわかる! 『ぬらりひょんの孫』の登場人物。 プロフィール |^誕生日|8月31日| |^声優|下野紘| 解説 奴良組に所属する妖怪。三つ子の兄妹、通称「三羽鴉」の長男。鴉天狗>鴉天狗(ぬら孫)の息子。 秩序を重んじるド真面目で融通が効かない性格。 関東のとある町に、妖怪任侠の世界で最大勢力で魑魅魍魎の主ぬらりひょんが率いる奴良組があった。 奴良組はかつての栄光は地に落ちつつあり、衰退しつつある時、ぬらりひょんは奴良組の大幹部達を召集し、総会であ… 『ぬらりひょんの孫』(ぬらりひょんのまご)は、椎橋寛による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2008年15号から2012年30号まで連載された。妖怪を題材とした少年漫画作品。略称・愛称はぬら孫で、後述のラジオの題名等にも使われている。, 妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ少年を主人公とする怪奇ファンタジー。現代の日本を舞台に、百鬼夜行が激突する任侠妖怪の世界を描いた物語となっている。, 『赤マルジャンプ』2006年SPRING号に掲載された後、『週刊少年ジャンプ』2007年35号に第32回金未来杯エントリー作品として読み切り掲載、金未来杯を受賞した(その他の詳細は後述)。『週刊少年ジャンプ』2008年15号より連載開始、2012年30号連載終了。その後、2012年の『少年ジャンプNEXT!』に完結編「葵螺旋城 最終決戦編」が3号連続掲載され[1]、完結した。2018年12月時点で、累計発行部数は1200万部を突破している[2]。, 2009年12月には小説版とドラマCDが発売され、『週刊少年ジャンプ』2009年53号にてテレビアニメ化が発表された[3]。2010年7月から第1期が、2011年7月から第2期が放送された。さらに2011年11月にはゲームが発売された。, 2013年8月より、『ジャンプLIVE』にて番外編『ぬらりひょんの孫 外伝〜花開院夜話〜眼球蒐集鬼』を全3話で連載、後に『ILLEGAL RARE』の4巻で1話にまとめられたものが収録された。, 登場する妖怪の多くは妖怪画集から採用しており、参考文献として鳥山石燕『画図百鬼夜行』、竹原春泉『絵本百物語』、河鍋暁斎『暁斎妖怪百景』の3つが示されている。, 奴良リクオは一見はごく普通の中学生だが、実は彼は妖怪「ぬらりひょん」の孫で、4分の1妖怪の血を継いでいる。祖父の組「奴良組」の妖怪達と毎日どたばたと付き合いながら、何とか普通の生活を送っている。, リクオは幼い頃、祖父から色々と武勇伝を聞かされ、妖怪とはかっこいいものであると思っていた。しかし、ある日友人との会話から、妖怪が人間から馬鹿にされる悪い存在であることを知ってしまう。そんな中、妖怪に襲われた友人達を守るために自身の妖怪の血を覚醒させ、友人達を救い出す。だが、4分の1しか妖怪の血を継いでいないリクオは1日の4分の1の時間しか妖怪の姿になれなかった。, そして4年後、中学生になったリクオは人間としての生活を望んでいたものの、組を統率するために妖怪の世界と向き合っていくことになる。, 単行本全巻、電子書籍化されており、16巻までは以下の章立てでカラー化されている。(2013年9月現在), 週刊少年ジャンプ2007年35号に掲載された、第3回金未来杯エントリー作品。データブック「妖秘録」に収録。, 集英社のヴォイスコミック「VOMIC」として、2009年12月にジャンプ専門情報番組『サキよみ ジャンBANG!』にて放送され、2010年1月からVOMIC公式サイトで配信された。全4話。, コミックス第24巻(2012年12月4日発売)、および第25巻(2013年3月4日発売)の限定版に同梱されるOVA。, 2010年10月23日以降開催の『ジャンプスーパーアニメツアー2010』で上映の短編作品。主要キャラがディフォルメになってサッカー対決する。, 2010年6月24日から2011年3月3日まで、アニメイトTVにおいて『ぬら孫ラジオ 百鬼夜Go!』が配信されていた。2011年7月から12月には、第2期『ぬら孫ラジオ 百鬼夜Go!Go!』が配信された。, 『ぬらりひょんの孫TCG』が2010年7月22日に発売開始し、スターターが2種、ブースターパックが6種、1年と3ヶ月かけて発売された。, 『ぬらりひょんの孫 百鬼繚乱大戦』が2011年11月17日にXbox 360とプレイステーション3で発売。発売元はコナミデジタルエンタテインメント、開発はアークシステムワークス[9]。ジャンルは対戦アクション。, 以下の出典は『集英社BOOK NAVI』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。, 第七十幕でイタクが「この里では鬼憑と呼ぶ」、第八十四幕で首無が「君達遠野で言う鬼憑」と発言。ただし、鬼童丸の部下や茨木童子など一部の京妖怪も口にしている。, BS放送時、誤って総集編を13話とカウント。その為「隠神刑部狸玉章の手招き」が14話(本来は13話)として誤表記。「劫火と驟雨」とあわせ二種類の14話が番組表・レコーダーの予約録画画面で存在するという事態が起きた。, BS11のみ、常闇枠(とこやみわく)・宵闇枠(よいやみわく)という特別な放送枠名称が付いている(BS11アニメ応援ページ参照)。. 作中の妖怪のほとんどは鳥山石燕氏の「画図 百鬼夜行」、竹原春水氏の「絵本 百物語」から採用している。, アニメ化されており、第2期まで放送された。1期は2010年7月~12月、2期は2011年7月~12月。あと単行本第24、25巻はアニメDVD付予約限定版も発売された。, アニメ2期終了後半年ほど立った2012年30号で本誌の連載を終了。その後「少年ジャンプNEXT」にて完結編「葵螺旋城 最終決戦編」が3号連続掲載され、完結した。, ゆらぎ荘の幽奈さんはジャンプでこれ以来となる。妖怪物となった。こちらでも烏天狗が出ている。こちらは雪女が2019年現在いまだに出ていない, どんな形でも連載継続は嬉しい -- 松永さん (2013-06-26 19:25:31), 完全版商法で御門院家との戦いをもっと書いて欲しいな -- 名無しさん (2013-07-20 06:26:41), 何か画集やらスマホの次にまた継続しそうだな~ -- パキスタン (2013-08-14 21:16:22), もっとやってほしかった! -- こはる (2013-10-25 00:48:33), 冬のジャンプLIVEに期待!! -- こはる (2013-10-25 00:49:06), 序盤やアニメ1期ではカナがヒロイン扱いだったけどいつの間にか氷麗がメインヒロインになっちゃったよね。リクオの正体にもっと早く気づいて理解者ポジションになってればヒロインでいられたのに。 -- 名無しさん (2013-11-25 15:44:25), ↑ラストのヒロインに至っては -- 松永さん (2013-11-25 17:37:26), なにこの気持ち悪い編集履歴 -- 名無しさん (2014-01-28 15:35:48), 一ツ目入道が過去はあんなにも格好イイのに現代がアレすぎて…… -- 名無しさん (2014-03-27 11:17:03), 全25巻に編集よろしう あと最後は打ち切りで良いの? -- 名無しさん (2014-03-27 13:12:28), 西洋妖怪やUMA(未確認生物)などが出てほしかった。バックベアード、吸血鬼とか -- eba (2014-06-21 08:25:39), その辺は今、やってる作者の別作品で出てるからなぁ。 -- 名無しさん (2014-06-21 09:14:08), イタクが好きだったな~ -- かむかむ (2014-09-06 10:05:36), 最後は割と残念な終わりにはなった。ちょっとばかり長続きし過ぎたかもな。 -- 名無しさん (2015-05-14 14:23:36), ↑5 人気が途中からなくなって、ジャンプNEXTで完結。盛り上げるまではうまいんだけど、まとめ方が下手だったり敵の信念をかっこよく描くとかみたいなそういうのがなかったことが人気がなくなったせいかなとは思う -- 名無しさん (2016-06-22 16:17:20), 最近まとめて見たけどまとまってはいた -- 名無しさん (2016-11-19 19:24:04), 東京季語譚訪と同じ世界観っぽいね -- 名無しさん (2017-02-22 16:37:28), 鈴鹿御前辺りが出たら完璧だったのにな… -- 名無しさん (2017-02-22 16:56:14), この作品を見て、初めてカッコいいデザインのたぬきを知った -- 名無しさん (2018-01-31 18:44:02), 今週の「神緒ゆいは髪を結い」に花開院竜二が出てきたんだけど、もしかして「神緒ゆい」と「ぬら孫」と同じ世界観か? -- 名無しさん (2019-06-17 19:00:29).