「ご苦労、○○君。」. 「ご苦労様です。書類は確認しました。」 ●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。. 「仕事を最後までやり遂げてほしい」「業務を遂行させてほしい」 日に何度となく使う「頑張ってください」や「お疲れ様でした」という言葉は、相手によっては失礼に当たることもあります。メールや電話など相手の顔が見てない場面ではなお更気を付ける言葉でもあります。常識ある社会人に必要とされる、正しい敬語の使い分けを解説致します。, 普段、何気なく口にする「頑張ってください」や「お疲れ様でした」。相手によっては非常に失礼に当たる言葉となってしまいます。使用頻度が高い言葉の中でも特に紛らわしい敬語表現について、具体的に探って見ましょう。, 元々、「頑張る」という言葉は、「困難に打ち勝って、仕事や気持ちを押し通す」という意味合いがあります。つまり、「頑張ってください」という表現は、「仕事を最後までやり遂げてほしい」「業務を遂行させてほしい」という気持ちを示す表現ですので、特に相手に対する尊敬の意味を持っておらず、敬語的表現として使用するのは間違っているということができるのです。, 目上の方に「仕事を最後までやり遂げてほしい」「業務を遂行させてほしい」という気持ちを表現するためには、, などの表現が、適当ということができるでしょう。ただし、普段から気安く付き合っている直属の上司などには、「頑張ってください」という表現は親しみを持った言葉として受け取ってもらうこともできますので、絶対にNGというわけではありません。, ですが、そこまで気心が知れていない目上の方や初対面の方に、「頑張ってください」と声をかけることは、非常識とも受け取られかねません。相手との距離感を測ってから使用するようにしましょう。, 同様に、「ご苦労様でした」という表現も、敬語表現ではありません。「様」と一見敬うような漢字が入った表現ですが、本来目上の者が目下の苦労や功績に対して投げかけたり、目下の者が自分のために何かを行ってくれたりしたときに感謝の意味を込めて目上の者が使用する言葉ですので、目下の者が上司や目上の方に使用するのは間違っていると言えます。, 目上の方に、「苦労や功績を慰安する気持ち」「仕事に対する感謝の気持ち」を表現するためには、, などの表現が適当と言うことができるでしょう。普段親しくしている間柄であっても、上司や先輩・目上の方には「ご苦労様でした」「ご苦労様です」は使用してはいけません。, 使い方が意外に難しいのが「お疲れ様でした」という表現です。本来は、相手の行為をねぎらう意味だけを持つ表現ですので、立場の上下に関係なく使用できる表現のはずです。「ご苦労様でした」のように明らかに目上から目下に使用する言葉の言い換えにも用いられる便利な表現でもあるのが「お疲れ様でした」です。, ですが、最近では、「お疲れ様でした、も目上から目下に使用する表現なのでは?」と考える人も増えてきている傾向があります。目上の方にも一般的には使用しても良いが、言葉遣いにナーバスな人や初対面の人、非常に立場に相違がある人に対しては使用しないでおくのが賢明かもしれません。, 言葉遣いにナーバスな人や初対面の人、非常に立場に相違がある人にねぎらいの気持ちを表現するためには、, などの表現が適当と言うことができるでしょう。目下の人にねぎらいの意味を込めて表現する場合には、「お疲れ様」と、「でした」を省略して使用することが一般的です。, 本来の意味 部下 部下 敬語に関する質問です目上の人にお疲れ様、ありがとう(ございます)と言われた場合はなんと返すのが適切なんでしょうか。お疲れ様でしたは目上の人に使う言葉ではないし、ご苦労さまですも 何か違和感を感じてしまいます。 部下 目上の方や先輩 NG、場合によってはOK 同僚 「相手の行為に対してねぎらう気落ち」 OK, 一般的には、メールや手紙でも、普段の会話と同じく「目上の方に使用してはいけない表現」「主に目下のものに使用する表現」のルールは同じです。メールや手紙で特に気を付けるべき表現としては、次の表現があります。, メールで状況を上司や先輩に伝えるとき、つい友達感覚で文章を書いてしまうことも少なくありません。「気をつけよう」と思っていても、なかなか完璧に敬語で伝えることは難しいものです。その中でも「できません」という表現は「できない」などの言い切りの形と比べると、丁寧な敬語的表現と感じてしまいがちですが、実際には、目上の方に使用をおすすめできない表現の一つとして考えられています。, 「○○できません」という表現の代わりに、以下のような、婉曲的な表現が望ましいと言えるでしょう。, 意向を尋ねるときに使用する「どうしますか」の表現も、敬語としては間違っている表現と言えます。この「どうしますか」という表現も、「どう?」というぞんざいな言い方に比べると丁寧なように感じがちですが、上司や先輩には使用しないようにしましょう。, 似ているようでも、立場によっては不愉快な表現となってしまいかねません。しっかり使い分けをして、常識ある社会人を目指しましょう。, 学生時代は気軽に使っていた「頑張ってください」も、ビジネスでは使い方次第でその人の品格が問われてしまいます。時と場所と相手を選びながら「頑張ってください」の正しい敬語を使うようにしましょう。. 「頑張ってください」と「お疲れ様です」の正しい敬語表現を解説します。仕事で必ず使う言葉だけに正しい使い方を覚えましょう。上司や先輩や同僚に対してどのような敬語表現があるのでしょうか。正しい敬語変換の方法です。 「苦労や功績を慰安する気持ち」「仕事に対する感謝の気持ち」 OK OK 「お疲れ様でした」という言葉を正しく使えていますか?「お疲れ様でした」の敬語や、上司に使ってもいい言葉なのか?「お疲れ様です」を強調する「大変お疲れ様でした」「本当にお疲れ様でした」などの使い方や、目上の方に失礼のない使い方を紹介しています。是非、ご覧ください。, 「お疲れ様」の敬語が「お疲れ様です」となり、「お疲れ様です」の最上級の敬語が「お疲れ様でございます」です。「お疲れ様」と言い切る場合以外は、「お疲れ様です」「お疲れ様でございます」となり上司や目上の人にも使用できる言葉です。, 「お疲れ様でした」は上司や目上の人へ使っても失礼な挨拶ではありません。基本的に「お疲れ様でした」は、上司や目の上の人が部下や同僚に使う、労いの言葉でした。しかし、今現在「お疲れ様でした」は身分を問わずビジネス間で使われる、最も一般的な挨拶として定着しています。, そんな、カジュアルに浸透していった「お疲れ様でした」と言う言葉ですが、正式に使いこなす必要がある場合シチュエーションに応じて丁寧に使いましょう。特に年配の方に対しては注意を払い使用しましょう。, ビジネスマナーが気になるあなたは、こちらの記事もおすすめです。「お教え願えますでしょうか?」を使う際のマナーを掲載しています。何気なく耳にするものの、正しい使い方を知らない場合も多いものです。正しい知識を身につけて、さりげなくマナーを使える大人を目指しましょう。どうぞ、ご覧ください。, 「お疲れ様でした」は、ビジネスで「よく頑張りました」という労いの意味を込めて使われる敬語です。例えば、長丁場の仕事を終えて帰ってきた同僚に対し「お疲れ様でした」と声をかけるシーンです。「よく頑張りました、ありがとう」の意味を込めて「お疲れ様でした」は使われます。, 「よく頑張ったね、偉いね」と声をかける訳ではないので「お疲れ様でした」は目上・目下関わらず使用する事が出来る敬語です。「大変お疲れ様でした」など、丁寧な言葉をプラスすると印象もアップするでしょう。, 「お疲れ様でした」はビジネスでの「さようなら」のシーンでよく使われます。例えば、先に退社する人が「お先に失礼します」と声をかけるのに対して「お疲れ様でした」と答える場面です。「お疲れ様でした」には労わりの意味が込められていますので、目上・目下などの関係に関わらず使う事が出来ます。, 「お疲れ様でした」は、美容室やネイルサロン、エステサロンで施術終了の合図として使われます。「施術が終了しました、長い間ありがとうございました」という労いの意味を込めて「お疲れ様でした」と声かけをしています。店員さんがお客様を気遣った言葉ですので「ありがとうございました」等と返しましょう。, 「お疲れ様です」は、ビジネスの「こんにちは」のシーンでよく使われます。例えば、従業員同士がすれ違う場面では「お疲れ様です」とあいさつし合います。また、業務連絡や、業務メールを送る際も「お疲れ様です」と冒頭に書くことがマナーとなっています。, 人によっては、朝から疲れてもないのに「お疲れ様と言えない...」という方も少数ではありますが存在します。そのような人には「おはようございます」「こんにちは」など、相手に合わせてあいさつすると好印象です。, 「お疲れ様です」と言う言葉が疲れを連想させるという事で「お元気様です」と言い換えている企業もある様です。一般的には「お疲れ様です」は「こんにちは」というあいさつですので、元気に「お疲れ様です」を使えばお互いに気持ちよく関係を作れます。, 「お疲れ様です」は、ビジネス版「こんにちは」という説明をしましたが、社内の同僚・上司に使う事は可能ですが、社外の人には使う事は好ましくありません。「お疲れ様です」は労いと、労わりの意味が込められていますので、社外の人やお客様に対して苦労を労わるのは距離感が近すぎるので失礼に当たる場合があります。, 社外の人やお客様には「お世話になっています」と言い換えるようにしましょう。メールの冒頭も「お世話になっています」「大変お世話になっています」など、「お疲れ様です」を使わないようにしましょう。, 「お疲れ様でした」と「お疲れ様です」の違いは、現在系なのか、過去形なのかの違いです。どちらの言葉も、労わり意味が込められているのは同じです。例えば「お疲れ様でした」は「終了しました」というニュアンスや終了した物事に対して使われます。一方、「お疲れ様です」は進行形の労力に対しての労わりで使われるのです, すれ違いざまに「お疲れ様です」とあいさつするのも、働いている労をお互いに労いあっている事になります。職場で先に退室する際にも、まだ働いている人に対しては「お疲れ様です」という事が多く、先に帰る人に対しては「お疲れ様でした」と答えるという違いがあります。, 「お疲れ様でした」「ご苦労様でした」の言葉は共に目上の立場の人が、目下の人にかける言葉でした。それは、目下の人が目上の人を労うこと自体が失礼とされていたからです。しかし、時代の流れによって「お疲れ様でした」はあいさつとして一般化され、立場に関係なく使われるようになりました。, 一方、「ご苦労様でした」は本来の、目上の人が目下の人を労うための言葉として使い続けられています。一般的なビジネスマナーでも「お疲れ様でした」は目上の人に使う言葉として紹介されていますが、「ご苦労様でした」は目下の人から目上の人に使う事はNGとされています。, つまり「ご苦労様でした」は目上の人が目下の人を労う時に使う言葉なのです。例えば、上司が部下に対して「ご苦労様」と声をかけたり、宅急便を受け取る時にお客さんが荷物を運んでくれた配達員に対して「ご苦労様です」と感謝の気持ちを込めて使用したりします。, 「ご苦労様でした」は、言葉の性質上上から目線の言葉と受け取られる事もあります。悪気なく使ったとしても、相手に不快な気持ちを持たせかねません。そもそも「ご苦労様です」の言葉は相手の苦労を労わる気持ちを伝える言葉ですので、その気持ちを感謝にかえて伝えるのがベストです。, 例えば「ありがとうございます」と言う言葉や、「いつも、助かります」「本当にお疲れ様でした」という言葉に言い換えてみましょう。職場の出入り業者さんや、宅配便の配達員にもこの様な言葉に言い換えると、誤解なく気持ちの良いやり取りができるでしょう。, 「お疲れ様でした」は、長年勤めあげた会社を退社する上司や先輩などに使用する事も多い言葉です。その場合は、今までの苦労や労力を労う「本当にお疲れ様でした」という言葉と、新しい生活を始める励ましの言葉「頑張ってください」を掛け合わせて使用すると良いでしょう。, 「お疲れ様でした」の言葉前に「本当に」や「大変」と言う言葉をプラスすると、労いと労わりの気持ちを強調する事が出来ます。また、「大変お疲れ様でございました」など「本当に」や「大変」の後に使う「お疲れ様でした」を最上級の敬語にする事で更に丁寧な印象にアップします。, 例「色々とご教授頂き、ありがとうございました。本当にお疲れ様でございました。」「お勤め、大変お疲れ様でございました。」, あいさつとして「お疲れ様です」を使用する場合、廊下ですれ違う程度なら、差し支えありません。しかし、約束していて会った冒頭のあいさつとして「お疲れ様です」だけでは心もとない事もあるでしょう。そんな時は「こんにちは、お疲れ様です。」と言い換えてみてください。, 「こんにちは」のあいさつだけでなく、「お疲れ様」をプラスして言い換える事で社内の身内感も伝える事が出来便利で、親切なあいさつとなります。, 職場で先に帰宅する場合「お疲れ様です」と告げて退室するのが一般的です。しかし、上司やまだ仕事をしている人を差し置いて、先に帰るのも申し訳ない...そんな時は「お先に失礼します」という言葉と「お疲れ様です」を掛け合わせると丁寧で、先に帰って申し訳ない気持ちも伝える事が出来ます。, 会社に勤めていると、手土産を渡すシーンも出てくることでしょう。その際のタイミングやマナーを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。ビジネス的にはどのような行動が正解なのか知っていて損はないはずです。, いかがでしたか?日々何気なく使っている「お疲れ様です」ですが、元々は目上の人が目下の人を労う言葉として使われていた事がお分かりいただけたと思います。時代の流れと共に、使われ方は変わり、それと伴い常識も変化しています。, 今ではあいさつとして使われる事の多い言葉ですが、年配の方や人によって違う常識を持っている場合もあるので、なるべく丁寧に気を使って使うよう心掛けるといいでしょう。「お疲れ様です」「本当にお疲れ様です」「大変お疲れ様です」を上手く活用し、ビジネスや、人間関係を円滑に営める助けとなれば幸いです。. NG 「ご苦労様です」は、ただの丁寧な言葉として捉えられていることもあります。ただの丁寧な言葉として捉えている場合、「ご苦労様です」を目上の人に用いてしまう人がいます。「ご苦労様です」は丁寧な言葉遣いではありますが、ただの丁寧な言葉ではありません。目上から目下へのみ使える言葉なので、使う相手を間違えないように気をつけましょう。, 「ご苦労様です」は「お疲れ様です」と同じように、挨拶言葉として用いられることもあります。その場合は多く口頭上で使用され、「です」を除いた「ご苦労様」で使われることも少なくないとされます。また、「様」も除いて「ご苦労」と言う目上の方もいます。, 以下は、目下から目上に対しての例文です。 OK OK、場合によってはNG 「ご苦労様だったな。」 「部長、お疲れ様です。」 同僚 教えてくださいお疲れ様でございましたは二重敬語になるのでしょうか?私は、二重敬語に「あたる」と考えます。敬語であるかどうかは、その構成要素を取り上げて分析するだけでなく、その表現が、時代感覚の中でどのように位置づけられて 以下は、目上から目下に対しての例文です。 目上の方や先輩 「お疲れ様でした」という言葉には「相手の気持ちをやわらげて仲間内のコミュニケーションを円滑にする」という意味があります。この言葉を伝えるだけで場が和み、その後の人間関係や仕事関係がスムーズになります。相手に対する思いやりのある言葉なので大切に使用してください。 「お疲れ様です」は、どのような感覚で使用しますか?目上の人に対して使用しても良いのか疑問に思う方も多いようですが、目上に使用しても問題ありません。また、部下にも同等の立場にある人にも使えます。立場を問わず使える「お疲れ様です」について説明しました。 記載されている内容は2017年10月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 「お疲れ様です」は、どのような感覚で使用しますか?目上の人に対して使用しても良いのか疑問に思う方も多いようですが、目上に使用しても問題ありません。また、部下にも同等の立場にある人にも使えます。立場を問わず使える「お疲れ様です」について説明しました。, 「お疲れ様です」という言葉は、ビジネスシーンや家族間でも用いられることがあります。相手にねぎらいの気持ちを伝えるために「お疲れ様です」と言いますが、目上の人に使う言葉としてはどうなのか疑問に感じる方も少なくないとされます。また、目上の方が目下の方に「お疲れ様です」と言われた時には気分が悪くなるという方もいます。 「お疲れ様です。書類ができあがりましたので、ご確認をお願いします。」 「お疲れ様です」は普段からよく使いますよね。 では、「お疲れ様でございます」はいかがですか? あまり聞き慣れない方もいらっしゃれば、二重敬語では?と感じる方もいるでしょう。 「お疲れ様でございます」は間違っているのか? しかしながら「お疲れ様です」という言葉は、目下の方が目上の方に使うことに関して間違いはありません。「お疲れ様です」は立場に関係なく誰にでも使って良いねぎらいの言葉であり、疲れている相手をいたわる言葉です。「お疲れ様です」は目上が目下に、目下が目上に使用しても言葉の意味としては何の問題もないとされます。, 意味の項目で、「お疲れ様です」は目上の方に使う言葉として正しいとお伝えしました。では、使い方や注意点はあるのでしょうか。, これまでに触れましたが、「お疲れ様です」は目上に使う言葉としても正しいです。目下から目上にだけでなく、同じ立場にある会社の人・家族・友人・恋人などにも「お疲れ様です」は使用できます。目上の方の中には「お疲れ様です」と言われて失礼だとする方もいますが、言葉としては問題ないので言い方に気をつけましょう。, ビジネスシーンのメール文には、冒頭に挨拶言葉として「お疲れ様です」が用いられることがあります。こうして使うことは、上司にも可能です。上司にビジネスに関したメールを送る時は、冒頭に「お疲れ様です」を付けても良いでしょう。また、電話の冒頭で使う挨拶言葉としても「お疲れ様です」を使えます。目上や目下など立場に関係なく、使用可能です。, 「お疲れ様です」は立場に関係なく使用できると言いましたが、ビジネスシーンで使う時には使う場所および相手を考えないといけません。「お疲れ様です」は主に社内で使うことが正しく、使う相手としては同じ会社内の目上の方・部下・同僚などです。社外の方や取引先の方に対しては「お疲れ様です」ではなくて、「お世話になっております」を用います。, 注意点でお伝えしましたが、「お疲れ様です」は自分が勤める会社以外の人には使用しない方が良いとされています。しかしながら「お世話になっております」は、会った時やメールなどの冒頭で用いられる言葉です。「お疲れ様です」は去り際に使うこともありますが、「お世話になっております」を去り際に使うと違和感があります。 目上の方や先輩 OK, 本来の意味 「お疲れ様でした」という言葉を正しく使えていますか?「お疲れ様でした」の敬語や、上司に使ってもいい言葉なのか?「お疲れ様です」を強調する「大変お疲れ様でした」「本当にお疲れ様でした」などの使い方や、目上の方に失礼のない使い方を紹介しています。 Copyright (c) 退職Assist All Rights Reserved. すなわち、社外の方・取引先の方・お客様・共同してプロジェクトを行うことになった相手などにメールや電話をする時の冒頭には「お疲れ様です」ではなくて「お世話になっております」を用いましょう。, 「お疲れ様です」は立場を問わずねぎらいをかける時に用いる言葉でしたが、一方の「ご苦労様です」は目上の方が目下の方へのみ使用することができる言葉になります。そのため、目下から目上に対して「ご苦労様です」と使うことは失礼に値します。「ご苦労様です」を用いて良いシーンは、目上から目下にねぎらいの言葉をかける時だけです。 同僚 OK, 本来の意味 Copyright 2020 BELCY All Rights Reserved.